まずは問い合わせる

黒板とチョーク

まずは電話やネットで問い合わせを

様々な個別指導塾があるが、ほとんどの個別塾は、事前に問い合わせをしなくても直接来校をすることができる。しかし、来校時に塾の受講システムや料金システムを説明することができるスタッフがいるとは限らないので注意が必要である。また、システムと同時に気になるのが、授業の質や、実際に自分の子どもに合っているのかどうかである。それを確かめるためには、体験授業をしてみるとよい。直接来校をしてしまうと、その日のうちに体験授業を受けることができないので、また改めて体験授業日を設定しなければならず、2度手間となってしまうことが多い。そういったことがないように、事前に電話やネットで問い合わせをし、体験授業も希望する旨を伝えることが望ましい。

「1人1人に合った」が人気の秘密

集団塾と個別指導塾の違いは、何と言っても子ども1人1人に合わせるかどうかである。集団塾の指導の目安は教室にいる生徒の中間よりやや上のレベルの授業が望ましいとされている。中間よりやや上のレベルの生徒が6割いるとする。そうなると残りの4割は、その授業についていけない子と、その授業では簡単すぎて退屈してしまう子がうまれることになる。その4割の子に対して、その子に合った独自のカリキュラムを作ることができる。まさにそれが個別指導の魅力である。また、先ほど挙がった6割の子どもたちを見ても、そのレベルから伸び悩む子は非常に多い。1人1人の弱点を見極めて、その部分の克服を集中的に図ることができるのも個別指導ならではである。